引越しの際の注意

未分類


引越し本番の日について、トランクルームを活用する場合、その時までに荷物を事前に3コースの振り分けておくことで、業者の作業効率も上がり作業自体スムーズに進みます。引越し業者にとって、事前に荷物が区分されていた方が引越し手順を考えやすくなります。まれに、引越し業者が来る寸前まで普通に生活していたような部屋の中の状態で、引越し作業開始というようなケースがあります。このような場合に、引越し業者に余分な手間を取らせてしまい、荷出しが遅れるようなことがあります。

さらに、予め引越し用の荷造りをしますが、3つのコースであるならば、荷物そのものに簡単な張り紙で「転居先」「預け先」「廃棄」など誰にでも、その荷物がどういうものなのかが分かるようにして仕上げておくことが、順調な引越しが可能となります。また、トランクルームへ保管させる荷物は、荷ほどきせずそのままの状態で保管できるようにしておくことが重要です。その場合も、その荷物が何であるのかが、外から見て分かるようにしておくべきです。荷物はどのように積上げられるか分かりません。その為、天地無用の張り紙と、箱であれば底面以外の各面に内容物が何かが分かるようにして下さい。